いたや歯科の小児歯科

小児歯科

こどもの頃の生活習慣は、その後、生涯にわたりそのまま引き継がれます。
食事のスタイル、お口の中の環境、といった歯科に関連する要素も同様に引き継がれることが多いです。
こどもの頃に、むし歯になりにくい環境をつくることができれば、一生むし歯にならずに済むといっても過言ではありません。
私どもにとって、ご家族がお子様の口の中に興味を持たれることは大変喜ばしいことです。
子供の歯は大人の歯と同じではありません。 こどもの歯・口の中についての正しい知識を保護者が持つことが、お子様の将来の健康を作る第一歩になります。気になることは、その都度ご相談下さい。

はえはじめが大切

歯がはえてくる時期は、個人差もありますが、だいたい離乳食が始まる頃になります。実はこの頃のケアに、生涯むし歯になりにくい歯質・生活習慣をつくるポイントがかくされています。この時期に何をするべきか、という正しい知識を得るために、妊婦さんの口腔ケア指導から出産後の育児アドバイスを行っております。
お子様の健康な口腔環境は、保護者と我々歯科院側とが協力してつくっていくものなのです。 小児の生活環境は、その後も様々に変化します。食事内容、回数、歯磨きの上達度など、その子の状態と環境を把握し、メンテナンスの間隔やアドバイス内容を変えて柔軟に対応しています。

小児歯科における治療概念

当院では、一生涯自分の歯で健康に暮らしてもらうために、悪いところがなくても定期的な歯科医院への来院をお願いしています。そのため小児歯科では、来院することは怖いことではなく、楽しいことだ と感じてもらうことを大切にしています。
そのために乳歯のむし歯治療は、ART(Atraumatic Restorative Treatment)という手用切削器具を使用した治療を中心に行っています。歯を削る量を最小限に抑えた治療方法であり、子供たちの不安や負担を軽減させることができます。
時には穴があいていても進行止めのみを使用し、わざと治療しない場合もあります。
この考え方は、その後再石灰化が促されることが条件です。
むし歯の原因が改善されていなければ、予後(その後の治癒状態)が悪くなることがありますので、定期的なメンテナンスをうけていることが必須条件です。

生涯虫歯なしの生活を送るために

生えたての歯は、大人の歯に比べ柔らかく、むし歯になりやすい状態ですので注意が必要です。そしてフッ素がより効果を発揮するのもこの時期です。
生えたての歯にフッ素によるケアを行うことで、より効率的なむし歯予防につながります。
また小児歯科は、矯正歯科とも密接に連動しています。
子供のうちからしっかりとケアを行えば、一生涯むし歯のない、きれいな歯並びで健康に暮らしていただける事が可能になります。

定期的なケアと歯磨きの習慣付け

定期的な医院でのケアとご自宅での正しい歯磨き方法と習慣が身に付けば、虫歯は決して怖いものではなくなります。
当医院では、歯ブラシ指導や予防の知識を分かりやすくお伝えしていきます。
ぜひお気軽にご来院ください。

Copyright (C) 2009 Itaya Dental Clinic. All Rights Reserved.