いたや歯科の診療  矯正歯科

矯正歯科

矯正治療とは、かみ合せ(歯並び)の治療です。
このHPをご覧の方は、お子様やご自身のお口の中に関心を持ち、何かしらの情報を得たいと思われている方がほとんどかと思います。
いたや歯科クリニックでは矯正治療の 無料相談 を行っております。
ご診療費、期間、装置などお気軽にご相談ください。また、医院には矯正診療パンフレットもご用意しております。お気軽にご覧ください。

12月の矯正相談日は、9日(日)になります。
1月の矯正相談日は、13日(日)になります。

よろしくお願いいたします。

矯正治療の必要性

歯並びが悪い事は、生命にかかわる病気ではありません。 しかし、様々な障害があるのも事実です。

  • ■見た目が気になる
  • ■発音しにくい音がある
  • ■歯が磨きにくい(むし歯になりやすい)
  • ■歯石がとりにくい (歯周病のリスクが増大)
  • ■口元がでていて、口が乾きやすい

などがあげられます。
食事をおいしく食べられる、人前で口をあけて笑える、きれいな発音になるなど、
矯正治療は見た目や機能の回復にとどまらず、
精神なども含めた全身的要素をもカバーするものです。

小児の矯正治療(1期治療)

子供の矯正治療は、見た目や機能障害が、永久歯列の治療(2期治療)まで待てない場合や、1期治療をすることによって2期治療の必要がなくなる場合や、簡単で短期間になる場合など、メリットがある場合に行います。
子供の歯列矯正には、大人になったときのかみ合せを想定しながら、永久歯がうまくかみ合うことを目標に行います。よって1期治療には、小児の治療技術だけでなく、成人になるまでのかみ合せを管理・予測する知識と技術が必要です。

大人の矯正治療(2期治療、成人矯正治療)

永久歯がはえそろった大人の方の2期治療は、きれいな歯並び、機能的なかみ合わせ、バランスのとれた美しい口元の獲得を目標とします。
また、状況によっては、むし歯や歯周病の予防など長期的に口腔内の健康を保つ目的からも、矯正治療をお勧めすることがあります。

誤解されている方が多いのですが、矯正治療に年齢制限はありません。
近年は成人になってから矯正治療をされる方が増えてきました。
治療方法や期間は、患者さんの一番治したい部位や、口腔内の状態により異なります。
まずはご相談ください。

矯正治療よくある質問

良くいただく矯正関するQAを年齢別に紹介します

3歳 指しゃぶりがひどく、前歯が出ているようで気になります。

年長さんあたりまで続いていると顎の発育や歯並びに影響するかもしれません。
指に苦いお薬を塗る方法もありますが、幼稚園などで新しい環境に入り自然と卒業できるお子さまも多いのでゆっくり見守ってあげて下さい。

6歳 乳歯の後ろから永久歯が生えてきて心配です。

下の前歯などはいったんそのような生え方をする時期がありますが、その後永久歯が押し出すように移動することも多いので無理に抜いたりせず様子を見ましょう。
しかし後ろの歯で萌出スペースがなく永久歯が横から顔を出してきた時は注意が必要です。

小2 矯正治療はいつ頃から始めればよいですか?

1本だけの問題か、全体の問題かによっても違います。
経過観察や機能訓練だけで様子をみる場合もあります。器具や装置を使うので、ご本人が頑張れる年齢や上下の前歯が生え揃う小学3年生ぐらいが一つの目安です。

小5 乳歯ではきれいな歯並びだったのに永久歯に生え変わったら歯並びが悪くなってしまいました。

乳歯列で隙間なくきれいに並んでいる場合、永久歯の生えてくるスペースが不十分で、重なったり八重歯のようになったりするケースがあります。
最近は食生活の変化に伴い「噛む」刺激が足りず、顎の発達具合が歯並びに影響していることが少なくありません。

Copyright (C) 2009 Itaya Dental Clinic. All Rights Reserved.